ウォーターサーバーのメリットとデメリット

さまざまな種類の水を飲めると人気のウォーターサーバーは、現在その利用者が増加傾向にあるそうです。
ウォーターサーバーを利用するメリットとして、冷蔵庫に入れているような冷たい冷水や、お茶などに適した温度の温水をコックをひねるだけで簡単に飲めることや、いろいろな地域の有名な名水をほぼ非加熱の状態で飲めることなどがあります。

■ウォーターサーバー宅水君
ウォーターサーバーを設置するまでは、特売日に天然水をペットボトルで買っていた人も、もう重たい思いをしなくても良くなります。
非常時の備蓄水としても利用できます。
その半面デメリットもあり、ウォーターサーバーを設置する場所の確保が必要になったり、ボトルの保存場所が必要になり、スペースが無い場合には設置が難しいこともあります。

また、ウォーターサーバーを稼働させるための電気代や、定期的なメンテナンスも必要となり、全てがただというわけにはいきません。
水の種類もさまざまあり、選ぶ必要が出てきます。
業者によってはウォーターサーバーを使用中に、ボトルを一定期間中にいくつ使わなければならないなどのノルマが発生することもあります。
who-ta-
こうしたメリットとデメリットがあることを踏まえ、ウォーターサーバーを上手に選ぶようにしたいものです。

子育て家族の強い味方

赤ちゃんや小さい子どもがいる家では、ウォーターサーバーは便利で、とても重宝されます。どのような便利な点があるのかを紹介します。

赤ちゃんがいる場合

ミルクや離乳食を作る際に、水やお湯はどうしていますか。赤ちゃんの口に入れるものですから、水道水を利用しているという人はほとんどいません。スーパーなどで買ってきたミネラルウォーターを使うなど、みんな気を使っています。

ウォーターサーバーは、キレイな水をいつも家にストックしておくことができます。自分で買いに行く手間が省けるのです。スーパーまで行ってミネラルウォーターを買うのは結構な負担になります。赤ちゃんをおんぶしたり抱っこした状態で、重い荷物を運ぶのはかなり大変ですよね。うっかり買い置きを切らしてしまうこともあります。

ウォーターサーバーを設置すると、安全でおいしい水の宅配便が利用できます。自分で水を買いに行く必要がないのです。子育てで忙しいママには本当にありがたいシステムです。サーバーからいつでも熱い湯がでるので、ヤカンや鍋などでいちいち沸かす必要もなくなります。ミルクや離乳食を作るのにとても便利です。

小さい子どもがいる場合

小さい子どもがいる場合にも、買い物は大変です。手がふさがっていることが多いですから、ミネラルウォーターなどの重い荷物を運ぶのは難しいです。家で子どもが動きまわっているときには、家事の負担は少しでも減らしたいものです。飲み物の準備が簡単にできるようになるだけでなく、料理をするときにも大きな助けになります。

昔はウォーターサーバーの熱湯による事故がありましたが、チャイルドロックがついているサーバーがほとんどですので、安心して使うことができます。

子育て家族におすすめ

子育て家庭には、ぜひ1台置いておきたい代物です。家事を楽にしてくれるだけでなく、キレイで安全な水を赤ちゃんや子どもたちに飲ませてあげることができます。ママやパパが一息ついたり、コーヒーを飲んだリするときにも便利ですよ。

Copyright© 2010 ウォーターサーバーの機能性を徹底解説致します All Rights Reserved.