さまざまな種類の水を飲めると人気のウォーターサーバーは、現在その利用者が増加傾向にあるそうです。
ウォーターサーバーを利用するメリットとして、冷蔵庫に入れているような冷たい冷水や、お茶などに適した温度の温水をコックをひねるだけで簡単に飲めることや、いろいろな地域の有名な名水をほぼ非加熱の状態で飲めることなどがあります。

■ウォーターサーバー宅水君
ウォーターサーバーを設置するまでは、特売日に天然水をペットボトルで買っていた人も、もう重たい思いをしなくても良くなります。
非常時の備蓄水としても利用できます。
その半面デメリットもあり、ウォーターサーバーを設置する場所の確保が必要になったり、ボトルの保存場所が必要になり、スペースが無い場合には設置が難しいこともあります。

また、ウォーターサーバーを稼働させるための電気代や、定期的なメンテナンスも必要となり、全てがただというわけにはいきません。
水の種類もさまざまあり、選ぶ必要が出てきます。
業者によってはウォーターサーバーを使用中に、ボトルを一定期間中にいくつ使わなければならないなどのノルマが発生することもあります。
who-ta-
こうしたメリットとデメリットがあることを踏まえ、ウォーターサーバーを上手に選ぶようにしたいものです。